スポンサーリンク

今週の競馬予想 フローラステークス2019 後編

18-19年予想

イノセントミューズ 未勝利1着
前走小倉の未勝利戦勝ち。毎回上りは良い脚を繰り出しているがそれは未勝利戦での話。あまり後方からになると届かない可能性の方が高いと思うが。。

ヴィエナブロー 500万下4着
ここ2走を見る限り足りない馬と言わざるを得ない。


グランデストラーダ ミモザ賞3着
まだ走りにバラつきがあって若い、レース間隔を空けて成長を促しながら使われてきた印象。その分伸びしろは大だが、それが今なのかどうかは微妙で本格化はまだ先だと思う。最終判断は追い切りを見てからになる。

シャドウディーヴァ フラワーC4着
デビュー戦から4戦続けて東京2000m混合戦を使われて、先着を許したのは牡馬だけ。そして前走のフラワーC、初の中山コースで牝馬限定戦、上り2位の脚を使い、内から差は詰めていたが位置取りの差もあって0.7差。毎回上り上位の脚を使ってはいるが、脚を溜めたからといって爆発的な末脚があるわけではなく、後ろからになりすぎると届かない危険性もある。

パッシングスルー シンザン記念4着
この馬もまだ2戦しかしていないが先着を許したのは牡馬だけ、ただシンザン記念上位3頭の次走が軒並み馬券外に沈んでいることからもレベルの低いレースだったと見るのが妥当。距離2000mも、ベストはマイルだと思うのでプラスにはならない。

ネリッサ アネモネ5着
あまりスタート良く出過ぎると掛かってしまう傾向があって、今回400mの距離延長もあって後方からの展開待ちという競馬になると思う、後方一気が決まる展開にはならないと思うので厳しいと見ている。

フェアリーポルカ 君子蘭賞1着
新馬戦、若駒SではINを突く競馬、前走も先頭に立ってから内に切れ込むところを見るとラチに頼る面がある、この馬に関してはそれがマイナスにはならないと思う。勝つ形(かたち)に良い悪いがあるとするなら前走の勝った形は良い形で、印は打つ予定。

フォークテイル 若竹賞2着
新馬戦はフルゲートの18番枠ということもあって終始外々を回らされる距離ロスのある中完勝。一転して前走は最内枠からINベタ競馬、直線は外に出してから一旦間があったが、ギアが入ってからは凄い脚。内で揉まれ続けるとあの脚は出せない可能性はあるが、ここで好走できる能力は十分あると思う。

レオンドーロ ひめさゆり賞2着
前走ゴール前の勢い的には勝っていたが首の上げ下げでハナ差の2着。前々走のフラワーC8着が案外過ぎる内容、スタートでつまづいたし、1コーナー外に振られたし、4コーナー内から競られたしで
度外視できるか、、スタミナは十分で相手なりに走れる戦績からも注意はしておく。

ローズテソーロ ミモザ賞5着
前走は後方から4コーナーいい脚で上がっていくも直線半ばで同じ脚色に、稍重馬場にノメっていたところもあったがやや足りない感はある。良馬場でも逆転までは考えにくい。

穴候補2
まだ1勝馬だが前走はノーステッキ完勝で、このメンバーなら未知な能力に賭けてもいいと思う。

前編はこちら↓

今週の競馬予想 フローラステークス2019 前編
ジョディー フラワーC5着前々走クイーンCで気になる穴馬もう1頭で取り上げた馬、その時の内容は次の通り「東京マイルで2戦2勝、というよりも逃げて2戦2勝と捉えれば、逃げ一択ならワンチャン狙えるかも。」そしてレースでは実際に逃げて7人気3着...

まとめ

現在の印を打つ予定、上位7頭(順不同)
アモレッタ
ウィクトーリア
ウインゼノビア
シャドウディーヴァ
セラピア
フェアリーポルカ
フォークテイル

注意馬、上と入れ替わる可能性あり
イノセントミューズ
エアジーン
エトワール
ペレ
レオンドーロ

こんな感じの混戦模様で難解。
正直、どれがきてもという感じ。。
週末までじっくり考えます。