予想記事は当日の午前9:00までに投稿します。会心の一撃はこちら
スポンサーリンク

阪急杯 2020『ふたことめ』(回顧)|チューリップ賞穴候補馬1頭

『ふたことめ』(回顧)

阪急杯各馬の『ひとこと』上段:考察|下段:回顧です。

想定1~3番人気

ダイアトニック 北村友1400mは6戦して5-1-0-0とパーフェクト、ただし5勝のすべては直線平坦の京都コースでのもので、阪神コースの直線急坂を攻略する必要がある。この馬は急坂に差し掛かると上体が浮いてしまうことがあり、そうなると推進力を失うため最後に勝ち切れないという場面はありそう。

3着(2位入線降着)
やはり急坂では上体が浮く。まさに「最後に勝ち切れないという場面」になった、これは今後も変わらない。
フィアーノロマーノ 川田踏み込みが力強く後躯な分、ゴール前急坂コースが得意。前走はスタートでワンテンポ遅れたためあの位置(⑧番手)からになったが、前付け先行策なら好走する確率は高いと思う。

2着
不利がなければというのはあったかもしれないが、いずれにしても窮屈なところではあった。それでも辛抱強く、得意の急坂で脚を伸ばしてきたから強い内容。このあとは高松宮記念に向かうにしても初中京、初1200m、左回り0-0-0-4という戦績なので楽ではない。
ステルヴィオ 丸山1400mは初めてだがこの距離に短縮してきたのは特に気にならない。ここの結果によってこの先の進む道が変わってくるのかな。休養理由が喉なりだけなのか分からないが、9ヶ月の休み明けで試走になる今回この人気で妙味はない。

…5着
休み明けも関係なく走ってきた、直線では包まれて進路がなかったのは痛い。順調なら次は買い目には入れたい。
スポンサーリンク

想定4番人気以下

マイスタイル 田中勝この馬は当たり前のことだが、内伸びなら内を通れて、外伸びなら外付けが叶う時に好走している。開幕週なので買い目には入れる、内枠を引くかもしくは思い切って逃げてほしい。

◎12着
予想していたのは直線向いてグイっとひと伸び差を広げ、あとは粘り込む形が理想だったが、直線向いてすぐに捕まってしまった。1400mの流れではそれは無理だったようで完全に外した、残念。次は中距離ぐらいでゆるい流れが想定できるときに狙ってみる。
スマートオーディン 秋山去年の勝ち馬、それ以降は5戦5凡走。本来は2,3歳時に18~2200の重賞を3勝しているようにスローの瞬発力戦が得意な馬、それが気性的な問題で抑えが利かなくなり、この馬のペースに合わせて距離を短縮してきた経緯。それでも1600では引っ掛かり1200では忙しすぎる印象があって1400の流れが一番合うと思う。脚質的にアテにならないが最終追い切りが去年ぐらい良ければ狙ってみてもいいと思っている。

△4着
追い切りは去年ほどではなかったから相手馬の方に入れたところ4着。この馬が来てれば80倍超えだったので、まぁ惜しかった。さて次の買い時がむずかしい、また来年の阪急杯まで凡走を続けるのか?いや、追い切りさえ良ければ1400かマイルなら狙ってみたい。
ロジクライ 岩田康去年の3着馬。1200mを2回使われて距離延長、久々の斤量56kという盤面。押さえでも買い目に入れておいた方がいいか悩み中。

…17着
追い切りがぬるかったので消した。これだけ大敗だと厳しい。
ジョイフル 川又前走は直線いい感じで脚を伸ばしてきたがラスト100切った辺りで甘くなった。終始外追走から大外ぶん回しでさすがに厳しかったか、前走から人気が落ちるなら狙ってみたい。

…14着
外差し馬の最内枠だったので消した。道中うまく外に出していたけど、ひと手間かかる分直線は伸びを欠く内容。
ライラックカラー 木幡育瞬時に伸びる脚は無く、ジリジリ加速していくタイプ。内回りで位置取りによっては届かないという懸念あり。

…13着
特になし。
ストーミーシー 松若あまり大崩れはしない馬だが今回も展開待ちにはなってしまう。一発がないこともないと思っているが、開幕週ということもあって手は出しづらい。

…6着
とにかく5着付近が多い馬。なかなかピンポイントで狙うには困難。

ハッピーアワー 吉田隼それなりに差は詰めているが圏内までは遠い感じ。良くて掲示板までと捉えるのが妥当かな。

…11着
特になし。
クリノガウディー 森前走の東京新聞杯は最内競馬でポッカリ空いたINを突いてのもので再現性は低い。2走前のマイルCSでは今回想定上位人気のダイアトニックとフィアーノロマーノよりは先着していて妙味あり。問題は初めての1400mという距離になるか、マイルCSでもそうだったように前半から前向きな面もみせる馬なので、その点は大丈夫ではないかと思っている。

△7着
直線すぐ前のマイスタイルを交わしたところは見せ場十分、よく粘った印象。
ベストアクター 浜中セン馬になってからは良馬場なら3-1-0-0という好成績。12戦目にして初めての右回り、大きな不安要素ではあるが見た目に右回りがダメという要素は見当たらない。

1着
これで4-1-0-0。引き続き良馬場なら要警戒。
ディープダイバー 酒井春からの成長度としては同じ4歳馬と比較して見劣る内容。

…10着
特になし。
ラヴィングアンサー 和田まだワンパン欠ける印象。レインボーフラッグの下という扱いで。

…9着
特になし。
レインボーフラッグ 松山1年前になるがダイアトニックとは差のない競馬をしている。開幕週の綺麗な馬場はプラス。捌くのにロス増える多頭数戦はマイナス。

○8着
直線詰まってしまい着順ほど負けていない。脚はあるのでそろそろくる、今回ぐらいの人気なら狙っていきたい。
アンヴァル 藤岡佑良績は平坦に集中。 もう少し前で競馬したいようだが馬は反応せず。

…16着
平坦、小回り、1200m替わりで見直す手。

今週末の展望

今週末にはいよいよクラシックトライアルの弥生賞(ディープ記念)とチューリップ賞があります。

去年の弥生賞では6番人気シュヴァルツリーゼを穴推奨(2着)するもヒモ抜け悶絶。

チューリップ賞では4番人気シゲルピンクダイヤを穴推奨(2着)しました。

今年もしっかり馬券に絡める穴馬を推奨できるようしっかり予想していきます。

チューリップ賞
現時点での穴候補馬の1頭=