予想記事は当日の午前9:00までに投稿します。会心の一撃はこちら
スポンサーリンク

【先週の競馬回顧】シルクロードS 2020『ふたことめ』(回顧)

『ふたことめ』(回顧)

想定1~3番人気

モズスーパーフレア 松若 56k京都1200では2度走っていずれも逃げてオパールS3着と前走の京阪杯8着、ラスト100mから脚色が鈍る傾向。高速馬場に強く今の時計の掛かる京都の馬場では厳しいのではないか。想定1番人気では本命にしたくない。

…4着
「ラスト100mから脚色が鈍る傾向」と書いたがこれは「過去と比べて最近の粘り具合は」という意味でちょっと言葉足らずだった。今回の勝ち時計”1:09:0″は例年と比べても遅く(過去10年中1番遅い)時計の掛かる馬場なのは間違いなかったが、その割には良く粘ったほうで2番手に付けたセイウンコウセイをハナ差凌いだのも合わせて強い内容だった。
レッドアンシェル フォーリ 57k休み前は安定した成績。1400m以下はオール圏内、1200mで2連勝中。速い上りが使えるのも良い。不安材料はやはり休み明け、これは追い切りで判断するとして最大の不安材料は乗り替わり、この馬の全5勝は福永騎手のものでそれがフォーリ騎手でしょ、不安でしかない。

▲18着
何か異変を感じて追うのをやめたようで、もともと脚部不安の休み明けだったからケガなく無事であればそれでいいと思います。
ディアンドル 池添 55k軽斤量だったスプリンターズSでは前目の位置が取れず、馬込みの中からは伸びてこれないという内容。今回はある程度前目の位置を取りにいくと思うが、それが叶えば多少は巻き返す。

…14着
ある程度前目の位置は取れたがそこから目立つ脚はなく、少しも巻き返せず大敗。これだけ見どころない敗戦だと次走一変は期待できない。
スポンサーリンク

想定4番人気以下

アウィルアウェイ 川田 55k毎回自身の能力分は発揮していて不可解な凡走はない馬。理想は内目からうまく立ち回っての好走だと思っているので、できれば内目の枠を引きたい。

1着
道中の位置取りは思ってたのと違ったが4コーナーから直線にかけてはうまく立ち回ってポジション取り良く。いつもスタートは速くはないので展開には左右されるかな。
セイウンコウセイ 幸 58k休み明けは走らないことが多いので追い切りの動きはしっかりチェックして、ラスト1F12秒切るぐらいの動きならいい。あとは外枠に入るときついので、せめて6枠以内に入りたい。

…5着
最終追切南Wでラスト1F12.3、全体時計も69.4と緩めの仕上げだったのと外枠に入ったので消したが、58k背負ってこの内容なら十分。得意の中京、高松宮記念でも無視はできない。
ダイメイプリンセス 松山 56kフルフラットな平坦コースに良績。スタート直後に登って下る京都コースに良績はなく狙えない。

…10着
フルフラットな平坦コースで見直す手。
ラブカンプー 斎藤 52k軽斤量。軽くなったから走るというようには思えないが。。。

…16着
特になし。
ジョイフル シュタルケ 川又 56k終いは確実に脚を使えるようになってきている。前走は前に行った馬が2~4着する中の追い込み1着で強い。乗り替わりが残念。

◎7着
上位3頭とは遜色ない脚だったがラスト100m辺りで脚色鈍る。敗因はよく分からず力負けという感じ、それでも着順ほどの差はない。
ティーハーフ 国分優 57kいまいち好走するタイミングが掴めないが2016年以降馬券になった4回はすべて京都コースというのは押さえておく。

…13着
競馬予想TVだったかな、誰かが「この馬は単純でハイペースだとくる」とか言っていたけど、今回のようにハイペースでもこない時はこない。
ハッピーアワー 吉田隼 56k前走も後方からそれなりに差は詰めているが圏内までは遠い感じ。良くて掲示板までと捉えるのが妥当かな。

…8着
今回も「それなりに差は詰めているが圏内までは遠い感じ」
エイティーンガール 四位 53k前走3勝クラスを勝って重賞挑戦となるが、ここでもいきなり通用しそうなぐらい強い内容だった。

2着
直線向いてすぐには進路なくその後も窮屈な場面もある中で首差の2着。勝ちに等しい内容だったと思っている。この先も楽しみな1頭。
ナランフレグ 丸田 54kこの馬も前走3勝クラスを強い内容で勝った馬。ただこの馬の場合良績はすべて左回りと千直で、右回りは3回走って5着が最高というのがネック。

3着
右回りにも対応できた点は評価するが、最後方からの直線大外差しで脚を使ったのは直線のみという内容なのと斤量にも恵まれた感あるので、今後も安定して走るというふうには見ていない。
カラクレナイ 大野 55k道中は物凄く前向きで毎回4角から直線の序盤は勢い良く伸びてくるが、その勢いがゴールまでは続かないという内容。大野騎手の継続騎乗なのはいい、勝つまではどうかだが今回もそこそこはくるという結果になるかな。

△11着
今回も直線の序盤は勢い良く伸びてきて残り200m地点では3位の位置だったが、そこで終わりというのは変わらず。これからも最後まで粘り切れる脚がないとそこそこの結果で終わりそう。
ディープダイバー 酒井 54k春からの成長度としては同じ4歳馬と比較して見劣る内容。

…12着
現状重賞では能力的に厳しい。
ラヴィングアンサー 和田 54k前走は直線包まれ酌量も、まだワンパン欠ける印象。

…6着
思ったよりは頑張ったが「ワンパン欠ける印象」なのは変わらない。
スポンサーリンク