スポンサーリンク

京成杯2020 『ふたことめ』(回顧)

『ふたことめ』(回顧)

想定1~3番人気

スカイグルーヴ ルメール東京2000mを逃げ切りだったが相手がかなり弱い印象で、5馬身差は付けたが正直どうかなぁといったところ。ただ直線でも加速していたし、本命にはしないが相手には入れておく。

2着
外々を回ってラストはちょっと苦しく見えた。負けて強しという感じはあまりないが、3着馬には0.4差離しているし綺麗な馬場なら前進は可能だと見ている。
ゼノヴァース マーフィー前走は好位に付けれたがスタートは遅いので、位置取りが後ろからになりすぎるかもという懸念はある。全3走では所々で鋭い脚を使えているし馬込みの中での競馬も経験済みな点は高く評価している。

◎9着
やっぱりスタート遅かったね。理想はもう一列前でやって欲しかったが、あの位置でもやれると思っていたので残念。4角で3着馬の内にスッと入ったところまでは良かったがそこまで。距離短縮してきたら巻き返しもあるかな。
ヒュッゲ 和田初戦は馬込みの中からの競馬で凡走、その後は逃げて2勝。逃げれなかった場合の危うさはまだある現状で、本命にするということは考えていない。

△10着
やっぱり逃げないとダメかなという印象。この馬より内のロールオブサンダーが逃げそうだったので買い目からは外して正解だった。
スポンサーリンク

想定4番人気以下

ヴィアメント デムーロ馬込みの中でも動じない強さはある。馬体はずんぐりした感じで2000mは少し長いかなといった印象。

…8着
やっぱ距離長いかな。デムーロJはすぐ諦めるから着差は気にしなくていい。
キムケンドリーム 石橋前走はポツン最後方から外々回る差しで、展開は向いたはずだがさほど伸びずでちょっと厳しいか…初戦は良かっただけに。。。

…11着
今回は展開向かずに大敗。厳しい。
キングオブドラゴン 田辺前走、すんなり2番手から直線ではフラフラとヨレながらの1着なのと、まだ揉まれたことがなく揉まれたらどうかという点が不安材料。完成はまだ先かなというのはあるけれど能力自体は高そう。

☆5着
馬場の悪そうな内から伸びてはいるので悪くない。
クリスタルブラック 吉田豊前走は前が残る展開のなか後方から大外ぶん回しで差し切る強い内容。これで想定10番人気なら妙味は十分。

1着
今回も展開が向いたわけでもなく自力での勝利。極端な脚質なのでGⅠともなると展開が向かないと厳しくはなるが、もし人気がなければ狙ってみてもいいのかもしれない。
ディアスティマ シュタルケラストは良く伸びるが4角での手応えはイマイチ。コーナーでしっかり付いて回ってこれれば圏内は十分にありそうだが。。。

3着
今回も4角の手応えはイマイチ。それでも必死に追われて何とか付いて回ってこれたね。んで直線は伸びると。んで圏内。。。なぜ買わない?、と反省している。最後ビターエンダーと迷ったんだけどね。外回りなどの大箱コースでもう一歩前進は可能。
ビターエンダー 津村前走3番手先行から上り2位の脚を使って勝った点を評価。最終的に買うかは分からないが、前目に付けての抜け出しに期待する。

△4着
前目には付けれなかったけど4角から直線への捌きは良く、僅差の4着。特段目立つ武器はないので今後も相手なりにといったところ。
リメンバーメモリー 大野突出したものは特に感じない馬。馬体的に距離2000mと急坂も得意ではない。すんなり外付けが叶った場合を考えると完全に消しとは言い切れないが、印が余ったら回す程度に考えている。

…6着
すんなり外付けが叶わない2枠に入った時点で消し。レースでもポツン最後方からで、あれが最善策だったように思う。現状では中から外枠の方がいいのかな。
ロールオブサンダー 松山この馬も含めて前走逃げた馬が4頭いるのでソコとの兼ね合いを予測するのは難しいが、展開的には厳しくなりそうで。。。

…7着
終始前びっしり3頭並んでたから、厳しかったね。