予想記事は当日の午前9:00までに投稿します。会心の一撃はこちら
スポンサーリンク

【今週末の競馬予想】フェブラリーステークス 2020『ひとことめ』(考察)

『ひとことめ』(考察)

2月23日(祝・日)、東京競馬場で行われるフェブラリーステークス(4歳以上GI、ダート1600m)出走登録馬、各馬の『ひとこと』考察です。

想定1~3番人気

インティ 武豊東海S3着、4角の手応えは良く勝ち馬に並びかけたが結局抜けず、後ろからも交わされて3着だったのはやや不安。去年は逃げて勝っているから、勝ちにいくなら逃げかせめて2番手には付けてくるかと思う。いずれにしても買い目には入れるが本命にはしないかな…今のところは。
モズアスコット ルメール前走は初ダートの根岸S1着、このレースにおいてはどの馬も太刀打ちできないくらい強い内容。それでもまともに砂は被っておらず、全幅の信頼はまだできない。ただ、根岸Sもわざと出遅らせたように見えなくもない、どの枠に入るかにもよるが上手く砂を被らないように乗ってくると、ルメールJの手腕に頼るのもアリかなと思っている。
サンライズノヴァ 松山前走は59kを背負ってよもやの先行策。発馬自体は速くないので今回も前にいくかは微妙。脚質に幅が出たと捉えればプラスに思えるが、付け焼き刃的な感じもする。休み明けでも走れるタイプなのでソコは気にしない、総合的に見てこれで想定3番人気なら妙味はないと見ているが実際の前売りオッズも加味してから取捨選択する。
スポンサーリンク

想定4番人気以下

ケイティブレイブ 長岡実績馬だがマイル以下に実績はなく、近2走も成績は振るわずで厳しいかな。
ノンコノユメ 真島大最近は中団からでもしっかり脚を使えているが、マイル戦だと位置取りが後ろ過ぎになってしまう懸念はある。4戦※6戦連続馬券圏内に走っていて想定6番人気なら妙味はあると思うが、年齢的な衰えや前走からの余力があるかは注意しておきたい。
ブルドッグボス 和田中央実績、距離、年齢を加味すると連勝中とはいえ手が出せない。
ヴェンジェンス 幸中団外付け外差しが理想。単純に内枠マイナス外枠プラス、良馬場マイナス重馬場プラスで考えている。
アルクトス 田辺昨年春から成長を遂げて南部杯でも2着に好走。近3走はすべて内からの競馬、内目の枠を引いたら買いたいが外枠を引いたら割り引いて考えたい。休み明けで1週前追い切りはイマイチ、最終追い切りはポリトラックになるかと思うが、ラストがしっかり伸びているかのチェックはしておきたい。
デルマルーヴル デムーロ決め手がない分勝ち切れないが堅実。久々のマイル戦へ距離短縮も気にならない。あと砂を被るとよくないので内にいてもどこかで外には出したい。
ワイドファラオ 福永登録されている前走根岸S組の中でまともに負けたのはモズアスコットだけだと見ている。直線の手応えの割に伸びてこなかったが好位から一旦でも抜け出せば圏内なら粘り込める可能性はあると思う。
キングズガード 秋山追い込みで展開待ち。今回も良くて掲示板までの評価にしておく。
ワンダーリーデル 横山典この馬も差し追い込みの展開待ちにはなるだろうか。東京マイルで展開嵌ったときの勝ち方は強いものがあるので注意は必要。内枠だったら必要以上に下げないといけない可能性があるので要らないかな。
モジアナフレイバー 繁田健地方馬は良く分からないがスピード勝負では一枚劣る印象。タフさと根性でどこまでこれるかだと見ているが、買う気はしない。
ミッキーワイルド 北村友前走は内で揉まれ凡走、北村友Jへの手戻りで前走は度外視して考えたい。自身より外の馬への対応は弱いが逆だと強く、展開の助けは必要になるが一発狙うのもアリかと思う。
ミューチャリー 御神本ジャパンダートダービーではクリソベリルから0.6差、といっても後方から末脚に賭けただけで数字上の評価はできない、今回出ているデルマルーヴルには川崎記念でも先着を許しており、デルマルーヴルより下という扱いでいいと思う。
タイムフライヤー フォーリー今回と同舞台の武蔵野Sで2着というのだけが気になる。4走前が初ダートで最後まで踏ん張り切れず、3走前は2000mで距離長すぎた、前走は最内枠から直線包まれて…と考えるとあるっちゃあるのか…な。普通に見れば展開が向いただけという感じだが、走りには推進力があって良い、ただ持続力が足りなく見える。一発大穴候補として残しておくが多分買わない。

穴候補筆頭=

 

以下、除外対象馬

ダノンフェイス
ドリームキラリ
テーオージーニアス
ヨシオ
クリノガウディー 回避
ラプタス
スマートアヴァロン
ロードグラディオ