スポンサーリンク

フェアリーステークス2020 『ひとこと』

『ひとことめ』(考察)

想定1~3番人気

シャインガーネット マーフィー特段目立つ脚はないが相手なりに走れそうなタイプではある。
アヌラーダプラ ルメール新馬戦の中山1600mではそれほどだったが前走の東京1400mではスピードの絶対値が上という走り。同コースで勝っているのは強みと言えるが、両者のレース内容や馬体的にも1600mはギリかもしれない。
ダイワクンナナ 北村宏2着馬に0.6差の勝利だったが着差ほど強くは見えなかった。まぁ軸にはしない。
スポンサーリンク

想定4番人気以下

スマイルカナ 柴田大馬込みに入れた2走前の凡走のように馬込みに難あり。内枠なら逃げが最善策になるが、中から外枠なら逃げなくてすんなり外付けでも良さそう。
ペコリーノロマーノ 吉田隼2走前の京都では内にモタれていたし、コーナーではかなり不器用なところがある。うまく立ち回ってという競馬は向かない。控えて大外ぶん回しぐらいの競馬が良いと思うが。。。
ウインドラブリーナ 鮫島良坂の走りはいいが、他は特に目立つところはない。
ウィーンソナタ 大野パワータイプで初芝、未知数ではあるが普通に厳しい。
カインドリー 田辺マイペースの楽逃げができればだが、それは叶いそうにないメンバーで。
セイウンヴィーナス 野中2走前のように展開ハマっての一発には注意したい。
ソーユーフォリア  武藤この馬もマイペース楽逃げで勝ち上がってきた馬で、馬群内では折り合いを欠く内容。狙い辛い。
チェーンオブラブ 石橋2走前直線入口の脚に見どころ(直脚上々)があった馬で、前走の末脚も悪くなく。想定7番人気なら狙いたい。
※”直脚上々”については下記の過去記事参照
先週の激走穴馬『なぜ?あの馬を本命にしたのか』【2歳未勝利】
『なぜ?あの馬を本命にしたのか』と題して先週好走した穴馬の狙った理由を解説していきます。(複数頭いる場合は1頭ピックアップ)※何番人気以下が穴馬なのか?人それぞれだとは思いますが、当サイトでは、単勝4番人気以下を穴馬と称しています。先...
ニシノステラ 藤田前走ダート1200m逃げ切り。初芝だが走りを見る限り素軽さあって芝がダメということはなさそう。それでも400mの距離延長は楽ではない。
ハローキャンディ ミナリク前走はメンバーレベルも低いし、特に強調できる面はない。
フルートフルデイズ 木幡巧近3走見どころなく。
ポレンティア 池添札幌新馬戦1着以来の5ヶ月振り。その新馬戦では4角の手応えの良さは目立っていた。直線はもうひとつ伸びが足りなく見えたが、どれぐらい成長しているかによる。追い切り見て判断する。
メイプルプレゼント 横山和過去4戦はすべて1200m。距離延びて良いタイプには見えない。

穴候補筆頭=

 

抽選除外馬

インターミッション
カイトレッド
クリノプレミアム
サナチャン
シホノレジーナ
ジュエルタワー
チアチアクラシカ
ヒメサマ
フィドル
フェルミスフィア
オーロラフラッシュ