スポンサーリンク

有馬記念2019『ひとこと』

『ひとことめ』(考察)

想定1~3番人気

アーモンドアイ ルメール言わずもがな。強いて言うなら中山は初めてっていうくらい。
サートゥルナーリア スミヨン前走のラストが止まりすぎなのは気になるが、実績ある中山で見限るわけにはいかない。
リスグラシュー レーン去年にはなるがエリザベス女王杯は強かった。アーモンドアイとの初対戦は楽しみ。この馬も初の中山コースか。。。
スポンサーリンク

想定4番人気以下

フィエールマン 池添凱旋門帰り。正直、海外遠征馬の取捨は走ってみなきゃわからないというのが本音。この馬に初めて騎乗する池添Jへの乗り替わりと、凱旋門帰りのディープ産駒ってだけで危険視したいが。。。
キセキ ムーア凱旋門帰り。逃げるか2番手に控えるか、前に行ってどれだけ粘り込めるか、去年の有馬記念は外枠がキツく最初のコーナーで外々を回された。今回も枠には注目したい。が、フィエールマン同様に凱旋門帰りなのがどうかな。
ワールドプレミア 武豊戦績は安定していて着外は1度もない。だけど、この馬のどのレースを見てもインパクトがないというか、なんかガツンとくるものがない。内枠引いたら考え直すが、現状買うつもりはない。
スワーヴリチャード マーフィージャパンカップ1着馬が想定6番人気、理由はローテだったり中山コース成績が懸念されてのものだと認識している。ジャパンカップから坂路主体の追い切りに変更され、1週前も全体50.1秒の猛時計で状態はキープされている。あとは中山の(0-0-0-3)だが内容を見ると、
・中山記念4着
・有馬記念4着
・皐月賞6着
そこまで悲観するような成績ではないと思うし、右回りがダメとも思わない。ただ、「直線向いてから加速するコースに向いていて、急坂は無い方がいい」というのがこの馬の見解。押さえるか消すかのラインで悩み中。
レイデオロ ○○ドバイ遠征してからいいところなしの近況。去年の2着馬だから注意はしておきたいが、追い切りで時計も出していない現状では何とも言えない。
アルアイン 松山この秋2戦が大敗すぎて狙い辛いが、1週前追い切りでは久しぶりに良く見えた。実績ある中山で大変身しても驚きはないが引退レースだし、高望みはしない方がいいかな。最終追い切りを見て判断する。
シュヴァルグラン 福永有馬記念2年連続の3着。前走ジャパンカップの追い切りではまだ終わってない感じだったが、レースでは衰えを隠し切れない内容。1週前追い切りを見ても上げてきている感じはなく、おつかれさんといったところか。最終追い切り見てから考える。
アエロリット 津村2000mを超える距離は初めてで、距離不安は絶対にある。がゆえにできればスローの逃げに持ち込みたいが、同型のキセキもいるし、厳しいと思うが。。。内枠引いたらどうかなぁ…
クロコスミア 藤岡佑今回は逃げ馬も揃っているし中山実績もない。特に強調できる材料もなく。
スティッフェリオ 丸山前々走のオールカマーはスローの逃げで勝ったが、前走の天皇賞では見せ場なく大敗。全8勝はすべて右回りという点だけは強調しておくが、印を打つまではないかなといったところ。
ヴェロックス 川田ある程度前に付けることができて速い上りも使える。前走の菊花賞も楽な展開ではない中3着に粘り込んでいて結構しっくりきている、これで想定8番人気なら狙わない手はない。
エタリオウ 横山典この馬の日経賞2着自体は評価しておらず、相手なりに走るタイプかなと思っていたがその後があんまりパッとしない内容で1勝馬の中では最強でしょうが、う~ん。。。古馬GⅠでは厳しいのかなといった印象。
スカーレットカラー 岩田康府中牝馬のデキにはあるようだが、後方から差し一発狙いで恵まれる可能性は低い。

穴候補筆頭=

 

以下、除外対象馬
クレッシェンドラヴ
ヴァイスブリッツ

回避予定馬
ウインブライト