予想記事は当日の午前9:00までに投稿します。会心の一撃はこちら
スポンサーリンク

京都金杯2020 『ひとこと』

『ひとことめ』(考察)

想定1~3番人気

ソーグリッタリング 川田好位からの立ち回りも上手いし京都は得意なコースでもあり、ココから入るのが無難に思う。
ダイアトニック 北村友1400mで5勝、1600mでは新馬勝ちの1勝のみというマイルだと勝ち切れない戦績となっている。また脚質も追い込み寄りになってきて安定した軸には置けない感じ。条件戦時代のような好位付けが良いと思うが、どうだろうか。
カテドラル 武豊除外対象馬出走可能:推定1番人気
出走できたとしても追い込み一辺倒の1番人気は軸にはしたくない。前走マイルCS6着だけど勝ちにいく競馬ではなく、押さえ評価程度でいいのではないかと思っている。
スポンサーリンク

想定4番人気以下

マルターズアポジー 松若近3走は逃げも打てずに凡走、マイルに距離延長し、たとえ逃げれたとしても厳しい近況で。
ドーヴァー 福永OPLでは2勝も重賞ではもうひとつ足りない戦績。それでも差は大きくなく流れひとつで圏内ぐらいの力はある。外差し一辺倒の馬でもない点もいい。
ストロングタイタン  幸前走は完全前崩れ展開利大での勝利。安定して走れるタイプではないので狙えない。
エメラルファイト 石川外から差すとか逆境を覆すような力はなく、内枠引いて距離ロスのない競馬が見込める時だけ注意する。
ロジクライ ○○秋2戦が負けすぎだが、本来のデキで本来の積極策なら圏内はあると思っている。
オールフォーラヴ 和田前走は後方から見せ場なく凡走しており、少なくともテンにはいきたい。
※回避 ストーミーシー 岩田康上がり最速を出せる脚はあるが、展開の助けが必要。現状完全前崩れは想定していない。
ハッピーアワー 吉田隼追い込み一手の現状、この馬も展開の助けが必要。
モズダディー 酒井昇級初戦で重賞挑戦。包まれさえしなければここでも通用する力はある。
サウンドキアラ ○○前走は展開に乗じて差す競馬だったが本来は先行馬で前にもいける。直線平坦の京都は得意としており、重賞実績がない点を除けば理想の穴馬として当てはまる馬。
メイケイダイハード 柴山前走が初めての芝マイル戦、ラスト200mを切ったところでガクンと失速。あれでは続けてマイル挑戦といっても狙えない。
ブレステイキング ○○急坂ではやや煽るためゴール前に坂がないのはプラス。新馬戦6着以外すべて4着以内の安定した走り。問題は2000mが主戦場で初めてのマイル戦というところ、徐々にスピードを上げていくタイプなので前半はいいが後半流れに乗れるかやや不安。
タイムトリップ ○○1200m寄りのスピード馬は積極的に狙っていきたいが、マイルでの勝ち鞍がないことと展開待ちの面があることで狙い辛い。
エントシャイデン 坂井オープンに昇級してから頭打ちになっている現状では、手が出せない。ただ平坦京都なら多少の前進は可能だと見ている。
ボンセルヴィーソ 松山前走、3勝クラスの渡月橋S1着。脚質的には買いだが、ハイペースや厳しい流れから粘り込む強さには欠ける印象で、今回は平均ペースからやや速い流れを想定しているのでちょっと微妙なライン。
メイショウショウブ ○○前走、阪神C3着は厳しい展開の中よく粘ったなという印象。想定9番人気なら狙う価値ありと見る。

穴候補筆頭=

 

除外対象馬
カテドラル
サイモンラムセス
マイネルフラップ
キョウヘイ
ハッピーグリン
プラチナムバレット

回避予定馬
テリトーリアル
トラキチシャチョウ