予想記事は当日の午前9:00までに投稿します。会心の一撃はこちら
スポンサーリンク

すべては結果論『なぜ?あの穴馬は激走したのか』【2歳未勝利】

激走穴馬

すべては結果論『なぜ?あの穴馬は激走したのか』、先週の競馬で穴好走した馬1頭をピックアップして、なぜ好走できたのかを探り、最終的にはこじつけでもいいから理由付けをします。

私の予想は『レースリプレイ、過去の走りから好走馬を探す』というのが基本となっています。
ですから好走穴馬の前走を見ていきます。(必要なら更に2走前、3走前と遡って見る)

先週の好走穴馬ピックアップ

12/15(日) 中山 3R芝1200m12番人気で1着に激走した『ネバーゴーンアウト』をピックアップ。

ネバーゴーンアウトの前走は新潟芝1600m4番人気9着、このレースリプレイから好走要因を探ります。

12番人気”ネバーゴーンアウト”『激走理由を探る』

これは昨日も取り上げたが『直脚上々』におもいっきし該当していた。

先週の激走穴馬『なぜ?あの馬を本命にしたのか』【2歳未勝利】
『なぜ?あの馬を本命にしたのか』と題して先週好走した穴馬の狙った理由を解説していきます。(複数頭いる場合は1頭ピックアップ)※何番人気以下が穴馬なのか?人それぞれだとは思いますが、当サイトでは、単勝4番人気以下を穴馬と称しています。先...
『直脚上々』とは
  • コーナーを回る遠心力から解き放たれた際の加速度
  • 4コーナーから直線に向いた時にグイっと伸びる

4コーナー出口付近

直線向いて約3秒後

4コーナー出口付近の前の馬との差と、直線向いて約3秒後にはすぐ後ろまで迫っている。(レースリプレイを見てもらえれば分かりやすいです)

これは『直脚上々』というより『直脚抜群』といってもいいぐらい、これは正直に言うと気付きませんでした、今となっては後の祭り。。。

 

この『直脚上々』は覚えておいて損はないと思います。これに初めて気付いたのは確か2015年”サトノラーゼン”の京都新聞杯で、その後ダービーを5番人気で2着。

 

話を戻して、ネバーゴーンアウトはその後最内に進路を取り、並びかけるのですがここで寄られて致命的な不利あり。

これについては、メモしてありました。

前々走では今回と同じ距離で道中4番手から上がり2位の脚を使って4着しており、今回単勝55.5倍なら十分狙えた馬だった。。。ということで、

『すべては結果論 こじつけ上等!!』

以上です。

スポンサーリンク