スポンサーリンク

共同通信杯2019年の予想、マーズはクラシックに向けて視界良好?

18-19年予想
前走だけに絞った狙い目ファクター

メインファクター
前走馬券内好走馬は、レース全体のパフォーマンス内容で勝負付けすればいい

 

サブファクター
前走左回り外差し好走馬
前走右回りコースで訳アリ凡走だった馬で、過去に東京好走歴がある場合は注意

 

ファクター傾向
まず「前走好走馬は、レース全体のパフォーマンス内容」ということで、
簡単に言ってしまえば「強く見えた馬を買え」ということですね
若駒重賞ってのは馬柱を見れば前走1着が多い訳で、馬柱の字面だけでは
判断困難、必然的に前走同じ1着でもより強い勝ち方だと思った馬のほうを
狙えばいいということです。
前走左回りで外から差して好走した馬は当然今回も左回りの東京だから
力は出し切れる条件なので、安定感はある。
逆に前走右回りで訳アリ凡走の馬は条件変わって巻き返す穴馬パターン
注目すべき点、その場合以前東京で未勝利勝ちがあったりするような、
結果東京向きの馬だったりすることが多い。

 

人気馬の評価、序列決め
アドマイヤマーズは先頭に立つと気を抜くところがあるのか、とにかく並ばれてからが強い
1番人気でも最上位評価は致し方ない。
G1と500万特別でクラスの違いは大きいけどダノンキングリーの前走も内容は相当
強い物だったし、クラージュゲリエも前走は狭いところから抜け出てくる根性もあって
強い内容だった。負担重量1㎏重いのと初の左回りという点でダノンキングリーを
上に置いておく。

 

◎選択おすすめ軸1頭…アドマイヤマーズ 2着

○推奨穴馬この1頭…フォッサマグナ 4着

こういう馬をデータ派の人は買い辛いのだろうけど、
自分はデータ派ではないので狙ってみる。

 

気になる穴馬もう1頭
マードレヴォイス
ファクター傾向で言っていた穴パターンはこういう馬。
東京で未勝利勝ち後、中山で3連続凡走、東京替わりで穴あける、、みたいな。

 

▲ダノンキングリー 1着
☆クラージュゲリエ 3着
△マードレヴォイス

 

【買い目】
ワイド
◎ー○△
○ー▲☆ 計4点