スポンサーリンク

競馬先週の結果と総括&次走へのメモ(3月第1週)

競馬結果
弥生賞

レース結果、総括&次走へのメモ
1着△メイショウテンゲン
2着○シュヴァルツリーゼ
3着△ブレイキングドーン

ニシノデイジーは4着で悶絶。。前半から前掛かりでスタミナを消耗するような走りが続き、それでも直線は粘り強く最終的には競ったカントルよりハナ差前でゴール。凄くタフな馬だなといった印象で、道中もう少し落ち着いて追走できて軽い上り勝負にならなければ、という注文付きで皐月賞での好走の可能性はあると思う。
1着メイショウテンゲンはきさらぎ賞での推奨穴馬だったんだけど、正直に言うと良馬場でもいけると思っていたが、今日の重馬場、上りの掛かるレース展開で勝ってしまったので、そういう馬だと見方を変えざるを得ない。自分の見方が間違っていたかなと。。そうなると皐月賞が良馬場だとこの馬は厳しい、となるが結論は先延ばしにしておく。
2着シュヴァルツリーゼは4コーナーでだいぶ外に振られたが残り200辺りの脚は鋭かった。
7着に惨敗したラストドラフトも今回の逃げはきつかった(タイム的にではなく見た目に)と思うし、血統的には重馬場も敗因と見れるのではないかな(母マルセリーナも道悪は苦手)。なので今回は度外視しておく。
総じて今回の弥生賞が皐月賞に直結する結果になったとは言えない感じ。

オーシャンステークス

レース結果、総括&次走へのメモ
1着▲モズスーパーフレア
2着◎ナックビーナス
3着…ダイメイフジ

「いやぁモズスーパーフレア止まらんかぁ」の一言、前半32.3秒で飛ばしても最後まで止まらないんだから、内有利の馬場ではあったけど力をつけている。次は高松宮記念でしょうか、一気にGI獲りまであるぐらいの内容だったと思うが、今回は馬場の恩恵もあった点には次走は多少注意したほうがいいかなと。
2着ナックビーナスも力は発揮できたと思うんだけどモズには追い付けなかった。3着馬には0.4差つけている。
昨年同様オーシャンS2着で本番の高松宮記念(去年は10番人気で3着)に向けて良い内容だった。
3着ダイメイフジはこれで中山1200m4戦2勝3着2回(2-0-2-0)前年も同レース3着で押さえは必要だったと反省。
あとは☆ショウナンアンセムが未勝利戦以来の1200にも対応できていての13番人気5着。直線向いた時はいけるかと思ったけど一押し足りず残念。

チューリップ賞

レース結果、総括&次走へのメモ
1着◎ダノンファンタジー
2着○シゲルピンクダイヤ
3着…ノーブルスコア

勝ったダノンファンタジーはこのレースのサブファクターに該当する「残り200m過ぎてから勝負付け・決着付けるような脚」がこのメンバーでは抜けていたという結果になった。あとは本番の桜花賞、まだ対戦していない相手との力関係を見極めて、という形になるんだけど前からいっても後ろからいっても勝ち切っていて位置取り不問
死角はないか。。
2着のシゲルピンクダイヤは穴推奨だったんだけどフタを開けてみたら4番人気で、思ってたよりも安くてちょっと残念。。上り最速の脚を使ってギリ2着、桜花賞の権利は取ったがダノンファンタジーとは0.2秒差、この差が縮まる感じはない
3着ノーブルスコアの頑張りは以外だったが、それ以上にシェーングランツの伸びなさは以外で、やっぱり追い切り遅れてパッとしなかったから仕上がり具合に問題があったと、本調子ではなかったと捉えるしかないか。
それで桜花賞は巻き返すかが次の焦点になるんだけど、血統的にも1着じゃないと波に乗れないタイプだと思うし、負け方が不甲斐なさすぎて今の段階では望みは薄い。