スポンサーリンク

競馬先週の結果と総括&次走へのメモ(2月第3週)

競馬結果
ダイヤモンドステークス

レース結果、総括&次走へのメモ
1着▲ユーキャンスマイル
2着…サンデームーティエ
3着○カフェブリッツ

6着◎グローブシアター
グローブシアターは正直あんなにモタれるとは思わなかった。
この馬左回りダメかも、いやダメだね、、多分。
確かにもう脚はさほど残ってなかったかもしれないが、
加速しては左の馬に寄って減速、また加速しては減速の繰り返しに見えた。
勝ったユーキャンスマイルは抜け出るときの脚が凄かった。
交わしたのは1000万クラスのサンデームーティエだったから
価値はそんなにないのかもしれないが上り2位の馬より1.2秒も速い
33.4秒の上り最速は素直に評価してもいいと思う。
これでユーキャンスマイルの最大の目標は春の天皇賞になるのかな。
ただこの馬は3歳時から右回りでは内にモタれる面があって
それはまだ解消されたとは言えず、注意は必要。

京都牝馬ステークス

レース結果、総括&次走へのメモ
1着○デアレガーロ
2着…リナーテ
3着…アマルフィコースト

4着◎アルーシャ
穴推奨9番人気のデアレガーロがきたのに2,3着も荒れすぎ。。
デアレガーロは去年の2着馬で地力はあったということで。
まずまずスムーズな競馬ができてのコレで次走以降も相手関係次第か。
ただ休み明け+32kgで、この+32kgは調教師曰く「絞れてこの体重」
だったらしい。急激な成長があったのかは今後も注意が必要。
アルーシャはいつもより位置取りが後ろになってしまったことと
直線進路が空いてもすぐにはスピードに乗れなかった。
休み明けで仕上がり具合が悪かったのか
気持ちが入ってないような走りで次走変わり身は残す。

小倉大賞典

レース結果、総括&次走へのメモ
1着…スティッフェリオ
2着▲タニノフランケル
3着△サイモンラムセス

5着◎エアアンセム
4着○穴推奨ナイトオブナイツ
マルターズアポジーは出遅れ、ケイティクレバーはいかない、
これに尽きるかな。想定より全然前が楽な展開になってしまった。
平均よりややスロー寄りのペースでナイトオブナイツが追い込み4着。
上り最速でも届かない展開では仕方ない。
問題はエアアンセム、何で内に入れないんだ?ようわからん。。。
予想していた展開と大きく外してしまったのと、
スティッフェリオがスンナリ競馬できたことの両方で無理だった。
スティッフェリオは57kgのハンデを背負って勝ったのと、
休み明け+10kgも加味すると成長しているようで力付けているか。
タニノフランケルは今回カリカリするようなところがなかったのは
好材料で、今後も落ち着いたレースができるなら安定した走りが
期待できそうに思う。

 

フェブラリーステークス

レース結果、総括&次走へのメモ
1着▲インティ
2着◎ゴールドドリーム
3着△ユラノト

7着○穴推奨サンライズノヴァ
第一声は「やっぱ忖度か~」って感じ。
ソアも競り掛けなかったけど、これはまだ分かる。
けど、サクセスエナジーはいかなきゃダメでしょ、いけなかったなら
まだしも手綱引いてるからね、、「逃げれば強い」って言ってたじゃん。
だったらそんなこと言うなよ、、、松山J、、嫌いです!
馬券は置いといて、やっぱりガチ勝負が見たいってのはあるので。。
武豊Jもゴール後ガッツポーズもなく、
忖度されたかなと感じたのではないかなと、勝手ながらに思っています。

過去良馬場のフェブラリーS前半3F

2018年 34.1秒
2017年 34.0秒
2015年 34.3秒
2014年 35.5秒 16番人気コパノリッキー2番手から押し切り勝ち
2013年 34.6秒
2012年 34.7秒
2011年 35.7秒 トランセンドの逃げ切り勝ち
2010年 34.8秒

そして今回が前半35.8秒、1番遅いですね。

1番強い競馬をしたのはゴールドドリームでいいでしょう。
ユラノトも内からよく伸びたし、菜々子Jも5着掲示板まできたし。
サンライズノヴァはユラノトと迷って選んでしまった
自分の反省点として、ちょっと巻き返すだろう理由が弱かったかなと、
過度に期待しすぎる傾向にある点を反省して終わります。