予想記事は当日の午前9:00までに投稿します。会心の一撃はこちら
スポンサーリンク

チューリップ賞2020『ふたことめ』(回顧)|ファルコンSの穴馬1頭

『ふたことめ』(回顧)

チューリップ賞の『ひとこと』[上段:考察|下段:回顧]です。

想定1~3番人気

レシステンシア 北村友阪神JF1着馬。ハイペースで逃げて上がり最速、同じダイワメジャー産駒のメジャーエンブレム級はあるか、いやすでに超えていると言っても過言ではないか。この馬が凡走するシナリオとしては、馬込みの中でとか前に馬を置いて競馬をさせたかったとか言って無理にでも控えた場合か、同型のスマイルカナとやり合った場合、いずれにしても凡走する時は自滅パターンだろう。

3着
阪神JFと比べてスタートから4角までは同じような流れで軽快に逃げていたが、直線に向いてからの伸びがなかった。それが休み明けの影響と捉えることにするが、開催が進んで桜花賞本番は逃げ馬には厳しいレースだということを加味すると巻き返しには黄色信号が灯る。
クラヴァシュドール デムーロ前走阪神JF3着、終始外々を回って距離ロスのある内容。逆転までは考えにくいが、レシステンシアが自滅するような流れになったら浮上する。

2着
これでマルターズディオサには2度先着を許す結果になったが、いずれも差は僅かでほぼ互角と言っていい内容。ただ桜花賞で買いたいと思えるような感じはしなかった、何となくだけど。
ウーマンズハート 藤岡康前走阪神JFでは内枠だったこともあり包まれる競馬を嫌ったか前目の競馬で、直線は雪崩込んだだけという内容。それまでの2戦は末脚勝負の競馬をしており、今回はしっかり脚を溜めて末脚勝負の競馬をしてくると見ている。2歳時は直線でフラフラすることが課題だったがどれだけ成長しているかも見もの。馬券的にはまだ悩み中だが単穴▲ぐらいかな、今のところは。

▲6着
今回は中団よりやや後方からしっかり脚を溜める競馬、包まれるのが嫌なので終始外の追走になるのは仕方なし、折り合っていたし道中は悪くなかった。直線も序盤は良かったが急坂でバッタリという内容、この馬は急坂では伸びないと見ていいかもしれない、最終追い切りは特にで、仕上げが甘かっただけの可能性もあるが。。。
スポンサーリンク

想定4番人気以下

スマイルカナ 丹内おそらくこの馬が逃げるかな、スタートも速いからね。というか抑えられないでしょ、ってぐらい行きたがる。もしこの馬が楽に逃げれたとしても勝つまでは想像できない。

△7着
この馬が逃げる可能性もあったので印は付けたが、逃げずの7着。案の定折り合いを欠いていたが前に壁を作ってからは意外に落ち着いていた。逃げなかった時点で「はいダメ~」と思ったけどよく粘ったほう。
マルターズディオサ 田辺阪神JF2着、勢いでは3着のクラヴァシュドールに劣ったが抜かせない根性を見せて2着だった点を評価する。ただ1着だったレシステンシアには0.8差つけられていて、この差は詰まらないように見えるし0.8差のあいだに何か初対戦組が差し込んでくるのではないかと見ている。

1着
結果、阪神JF組で決着。余裕を持たせた仕上げで内容も阪神JFと変わらない内容に見えた。ここからどこまで上げてくるかを見て本番は判断する。
イズジョーノキセキ 岩田康折り合いを欠いたり右へ左への騎手の指示もうまく伝わらない操縦性の悪い面がある馬。多頭数で捌き切るには厳しく、現状は軽視している。

…4着
後方待機策から直線勝負で上がり最速の4着。直線序盤は操縦性の悪い面も見えたが外に出てからは良い脚で差を詰める。これからもうまく外に出せればといったところか。
シャンドフルール 武豊前走クイーンCではうまく内をすくって外から併せてきた馬にもしっかり反応していたが、能力的に一枚劣る内容だった。そこから考えても今回のメンバーが弱化したとは言えず、むしろ強化される今回、唯一逃げたらどうかというのはあるものの高望みはできない。

…13着
4角での手応えのなさを見ると能力の底が見えた感は否めない。
ショウリュウハル 松若前走までは、まだこれからで成長途上、距離も伸ばしていったほうが良いように見えていた。3か月半の休み明けでどれぐらい成長しているかにもよるが、ここは様子見しておきたい。

…11着
押したり引いたりとじっとしていられない騎手もあっての凡走。今回は度外視して考えたい。
スマートリアン 幸前走3着も勝った馬からは1.1秒も差があり、それ以前に戦ってきたメンバーレベルを見てもレベルが高いとは言えず、今のところは良くても掲示板だと見ている。

…5着
考察通り良くて掲示板という結果。脚質に幅もでたので自己条件に戻って期待。
チェーンオブラブ 石橋脩コーナーは不器用なので勝負は直線に向いてからになる。3走前では直線入口の脚に見どころがあった馬で前走穴推奨した馬。今回もそれは変わらずで位置取りや展開がポイントになるから、もう少し考える。

△9着
今回は外に出せる隙はなく内を選択、それなりに脚は使っていて悪くはない。今後も位置取りや展開がポイントで外差し利く馬場ならいつでも注意はしておきたい。
ピーエムピンコ 和田コーナーでも脚を使えて更に直線の脚には素晴らしいものを持っている。坂もOK。現在想定10番人気なら十分で一発に期待する。できれば真ん中あたりの枠を引いて欲しい。

○8着
残念ながら大外枠からの発走、ほかに目ぼしい穴馬も見つからなかったことから穴狙いを敢行し撃沈。発馬遅く後方から、ポジション的に厳しいところからで酌量できて着順ほど負けていない。次走巻き返し注意で狙える。
フルートフルデイズ 藤岡佑特に強調できる材料はなく。。。

…12着
見どころなく、特になし。
メデタシメデタシ 坂井前走は押し出される形で先行しているが、本来はテンにいけず道中置かれるタイプ。今回は想像以上に位置取りが後方になってしまうと見ていて、圏内好走までは望めない。

…10着
やはり後方からになってしまい、見どころなし。
モズアーントモー 松山馬体はモッサリしていて芝のスピード対応にも限界が見えた前走。距離延びてプラスという感じもしない。

…14着
直線早々に脱落、厳しい。

ファルコンS 穴馬1頭

現時点での穴候補馬の1頭=

すでに[1400m・左回り巧者]という戦績の馬。