スポンサーリンク

今週の競馬予想 天皇賞・春2019 前編

古馬重賞予想

ロードヴァンドール
前走のように逃げればハイペースでも3着に粘り込めることは今回も想定しておいた方がいい。同型はメイショウテッコンで、どちらが逃げるか想定するのは難しいが枠順も加味してから考えたい。

メイショウテッコン
逃げ候補もう1頭のメイショウテッコンは過去に何度か出遅れがあって、出遅れたレースではいずれも掲示板外に沈んでいる。前残りのケアは必要で、最低でも押さえぐらいの評価はしておきたい。あとは、前走でブリンカーを外して勝っている点も、精神面での成長と捉えてプラスに考えたい。

ヴォージュ
この馬もできれば逃げたいはず。たとえ逃げれたとしてもGⅠの流れではもたないと思う。

エタリオウ
日経賞2着、これで1勝2着7回4着2回という全成績。京都コースと距離も問題なし。1週前追い切りはビッシリやっていて霧で見にくいが調子は良さげ。天皇賞・春は単純な瞬発力勝負にはなりにくい点もこの馬には良くて、2着とはいわず頭まであるのかなと思っている。

ケントオー
前走、長距離のスタミナ適性的にみて足りなくて。

チェスナットコート
去年の天皇賞・春でレインボーラインの0.3差5着。それぐらいの力があればワンチャンあるかと思えるが、海外遠征でボロ負けして帰ってきて日経賞でも見どころなく…1週前追い切りタイムは出ているが大きな変わり身は現状見出せない。

パフォーマプロミス
GⅠには2度挑戦して2度とも1秒以上の負けで、GⅠでは足りない戦績、前走も好位のINから脚伸ばすが特段目立つ脚は無く、7歳馬で上がり目も望み薄いことから厳しいと見ている。