スポンサーリンク

函館2歳ステークス 推察

19-20年予想

優先出走馬(新馬1着馬)

イーサンティラノ
強さよりも若さ目立つ走り、前走ほど楽には行かしてもらえない盤面で過度の期待はできない印象。

ゴッドスター
前走は福島の不良馬場、差し有利展開で後方から外差しでの勝利。ゴロっと条件変わる今回は狙いづらい。

スマートカーリー
テンの速さは1番、前走ペースを考えれば仕方ないが、ラストはもう一粘り欲しかったところはある。

タイセイビジョン
テンの速さはなかったが強気に外々からねじ伏せる強い内容。能力は確かにあるが前走程度しかテンにいけない場合、位置取りや展開的に厳しい競馬を強いられる可能性はある。

パフェムリ
逃げ馬の後ろにつけた前走のような位置が取れるかがキーポイントだと見ている。自身より前に2頭3頭入られたり、外を回されるような展開だと、前走のような直線の脚は出せない可能性がある。

プリンスリターン 11人気ー3着
穴馬で狙いたい1頭目。推定18番人気。前走はスタートでワンテンポ遅れたうえに外々を回る展開、その分ゴール前では詰め寄られるが反応はしていたように見える。ただ馬格はなく派手さやスピード感はあまり感じられない走りがどうかという点はあるが推定18番人気なら狙ってみたい。

ブルーパピヨン 8人気ー6着
穴馬で狙いたい2頭目。推定14番人気。前走3角から4角にかけて終始手応え良く、直線追われてからも推進力あって抜かれる感じはしない走り。200mの距離延長が人気のない理由なら積極的に狙っていきたい。

マンバー
出走してくるなら連闘になる。前走は出遅れから4角で大きく外に振られながら多少ソラを使っているがゴールまでしっかりとした走り、牝馬の連闘ということで嫌われるなら押さえ程度の評価はしてもいいのかなと思う。

ヤマメ
前走ダート戦勝利馬。芝はこなすだろうがプラスって感じはしない。これは想像でしかないが、ここでも通用するほどスピードがあるようには見えない。

リュウノゲキリン
前走ダート戦勝利馬。直線に入るまで手応え良い走り。前駆でトモの力強さには欠ける印象で、やはりダートの方がいいかなと思う。

レッドヴェイパー
前半から楽に前付けできるスピードがあって直線も一伸びできる脚がある。推定2番人気も納得。

以下、抽選対象馬(2/4)

ケープコッド
ニルカンタテソーロ
ビアンフェ
メイショウナパワン

地方馬

アザワク
バブルガムダンサー
プリモジョーカー