予想記事は当日の午前9:00までに投稿します。会心の一撃はこちら
スポンサーリンク

桜花賞2020 展望【水曜日の朝】

My注目馬

今週末4月12日(日)に行なわれる予定の第80回『桜花賞』(3歳牝馬GI、芝1600m)の展望になります。

ペース想定

チューリップ賞でスロー逃げをしてしまい3着に敗れたレシステンシア。

上り勝負では分が悪く、今回は武豊Jに乗り替わりハイペース逃げは濃厚。

となると阪神JFの結果を基盤に考えたい。

阪神JFでレシステンシアの2着に敗れたマルターズディオサとの差は0.8秒。

この0.8差の中に割って入れそうな馬を狙いたい。

ペース想定=ハイペース

狙いは差し馬

ハイペースと決め打つならば、狙いは自然と差し・追い込み馬に向く。

ハイペースで差す競馬を経験し、好走してきた馬でまず最初に浮上するのがマジックキャッスル。(想定8番人気)

ファンタジーS、クイーンCともにハイペースの上がり最速で2着。

月曜日には押さえ程度に考えていたが上方修正する。

続いてエーポス(想定12番人気)

最後にフィオリキアリの順。(想定18番人気)

先週の馬場を考慮すると、あまり大外過ぎると厳しいかもしれない。

その点エーポスの前走は内からスルスルと抜け出しての勝利。

またそれを得意とする岩田康誠Jなら再現性にも十分期待はできそう。

内目の枠を引いたら狙ってみたい。

結論的には
マジックキャッスルかエーポス、フィオリキアリまでは手が回らない。

あとは追い切り、枠順、土曜の馬場を見て最終決断します。

緊急事態宣言で、どうなるか。。。